ジム鈴木とは

ジム鈴木(じむ すずき)

300万円少額不動産投資家。

埼玉県生まれ。妻と3人の子を養うパパ。
趣味は家族と遊ぶこと、旅行、サーフィン、農業など。

総額わずか300万円・高利回り20%以上という、
驚異的な不動産投資を続けている不動産投資の達人。

サラリーマン時代から投資を始め、
これまでに戸建て40戸を取得。

9戸の売却も経験し、現在31戸の戸建を賃貸中。
年間家賃総額2000万円を超え、念願のセミリタイアを実現。

全物件の平均利回りは驚異の21%を誇る。

普通のOLやサラリーマンが
多額の借金をして不動産を購入して
大きなリスクを背負わされている実態に危機感を感じ、

もっともっと安全に
不動産投資でお金を増やせることを気づいてほしい・・・と思い、
門外不出だった少額300万円投資法を公開する決意を固める。

温かく思いやりの精神にあふれた優しい人柄で、
わかりやすく丁寧なセミナーを行う姿にファンも多い。

1967年 埼玉県生まれ。生まれ育った埼玉で社会人スタート。
1996年 結婚、その後、3人の子宝に恵まれ、幸せの絶頂を過ごしていた。
2003年 子供が7歳、3歳、1歳とお金がかかり始めてきた時に
思い立って教育費を計算したところ、どう計算をしても自分の給料はおろか、
妻にパートに出てもらったとしても大学に行かせる余裕がないことがわかった。

失意の中、子供たちの教育費を捻出する方法を模索する中で、
藤山勇司先生の本「サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣」に出会い、
不動産投資の勉強を開始。

2005年 競売で300万円の区分マンションを落札したが、
区分所有だと修繕積立金やマンション管理費などの経費がかさみ
思うようにお金が残らず、別の方法を模索する。
2007年 加藤ひろゆきさんの著書に出会い、戸建て投資に目覚める。
11月に1戸の戸建てを26万円で購入。表面利回り198%。
2007年~2011年 毎年、1戸~3戸の戸建てを購入。
2012年 1年で5戸の戸建てを購入。1戸を売却。
この頃からローンと売却を活用するようになり、資産拡大のスピードがアップ。
2013年 戸建て5戸を購入。
このころには働いている上司どころか、社長よりも年収が高くなっていた。
ただし、まだサラリーマンを継続していた。
2014年 戸建て3戸を購入。1戸を売却。
2015年 戸建て8戸を購入。3戸を売却。
2016年 家賃収入2000万円を超え、セミリタイア。その後も戸建て10戸を購入。
2017年 これまでの経験とノウハウを公開してほしいという熱い声に応え、
不動産投資の指導者として活動を開始している。

リスクをできるだけ抑えて、サラリーマン大家さんの迷いを
解決するその丁寧な指導と、温かいフォローに定評がある。

メディア掲載実績


物件写真

普段の様子